バーでのマスク着用「毎回お客さんが帰っていく」

ラエル氏のコメント:

そうです! 要求するバーを拒否して出て行くのです!

 

夜のバーでマスクの着用を強制することは困難です。コロナウイルス危機以来、すでに顧客が減少している中、新しい法令のもとで追い払うことが恐れられています。

7月21日にパリ11区のラッペ通りを歩いていると、ほんの数ヶ月前に石畳を叩いていたラッシュを想像することができません。 舗道に沿って置かれている数台のテーブルには、20人ほどの客が座っています。 店の中は、もうほとんど客がいません。 開かれた店のドアから活気のある音楽が、 無駄に漏れ聞こえています。 混雑したバーカウンターにひじを突っ込んで、隣人に酒を飲ませていた時代はとっくに終わったように思えます。 コロナのおかげで今度は、鼻に白い足状の紐とマスクをさらす必要があります。 7月20日以降、すべての閉鎖された場所では必須となるのです。

クロエさんはカウンターにもたれて絶望しています。 「バーが全てを物語っている。こんな時間でも、普通は人がいるんですよ」とため息をつきながら、誰もいない部屋に広がる光の斑点に顔を向けました。 路地裏の店の店長である若い女性にとって、この陰鬱な雰囲気を作り出しているのは、マスクをつけていることだけだでした。 「お客さんがそれをつけるように言われたら、2回に1回は断って帰ってしまう」と嘆き、彼女はこう付け加える。「そして、彼らが受け入れたとしても、バーに入ったらそれで終わりです。 夕方になると、結局取り外してしまう」とのこと。この施設では、忘れてしまった人のためにマスクを提供しており、他の人はマスクを販売しています。 拒否すると、「親切にも別のバーに連れて行かれる」と言います。 さらに下を見ていくと、別のマネージャーが次のように説明してくれました。「それまではマスクを強制していませんでした。毎回言うのも大変そうだし、迷惑そうに見えるし、代わりに波止場に行く人が出てるリスクもあるし…」

https://www.lefigaro.fr/conso/port-du-masque-dans-les-bars-une-fois-sur-deux-les-clients-s-en-vont-20200722?fbclid=IwAR1bTICZ0lofrGURI9nUQnkZDq98fd3KW6-HNs9JF_7AqSiIl8QIF_9WQOY

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …