パレスチナとイギリスで交わされた情報文書が機密解除される

ラエル氏のコメント:
とてもとても重要な情報です…。(翻訳:ユネス・アラール氏)

* 英国諜報部文書の機密解除:
1- ナクバでパレスチナ人が行った戦いはすべて勝利を収めたが、弾薬がなくなるか、包囲された「イスラエル人」を救出するため、イギリス軍が介入し、その後状況が一転する。
2- パレスチナ人が支配した場所や、イギリス軍の残党から押収した武器は、「救出軍」(アラブ軍 [彼らの国は結局まだヨーロッパの占領下にあった] )が接収し、次にイスラエル人が容易に占領できるよう、これらの地域から撤退していった。
3- ナクバは1948年5月15日に起こったわけではない。 むしろ、1947年の半ばに始まり、1949年のロードス島条約調印で終わったのである。
4- シオニストたちは、20年代半ばからパレスチナ占領[actually]のための情報収集や計画を立て始め、1933年末には、パレスチナの個人、樹木、店、車、銃、羊、ロバなどすべての所有物の記録を手に入れていた。
5- 1948年にパレスチナが征服された後、イスラエルが最初に行った行為は、廃屋にあったパレスチナ人の個人蔵書を盗むことであった。
6-ナクバ以前にパレスチナの都市が暮らしていた文明は驚くべきものであった。28の情報誌、映画館、公立図書館、劇場、新聞、ラジオ局、港、そして素晴らしい建築物を有していた。
7- バルフォア宣言以降も、ニュースや定期刊行物、新聞でイスラエルの名前が言及されることはなかった。 この国の名前は、現在も変わらずパレスチナである。初期のシオニストの文献でも、パレスチナと呼ばれていた。
8- 500を超えたパレスチナの村々は、シオニストによって強制的に立ち退きを迫られただけでなく、文字通りの意味での破壊が行われた。 たまたま忘れたものを除いては、何の痕跡も残さない。そうすることで、時が過ぎ、その村々が歴史から忘れ去られることを狙ったのだ。
9- イギリスはバルフォア宣言を行っただけでなく、兵士をも殺したシオニストを容認し、ヨーロッパからパレスチナへのユダヤ人の流入を許し、ナイフを持つパレスチナ人をすべて逮捕したが、その一方で、シオニストはイギリスの旗を掲げた地下兵器工場を持っていた。
10- 1936年に6ヶ月続いたパレスチナのストライキ(市民的不服従)は成功したが、イスラエル建国の計画は、友人たちの介入がなければ失敗していたのだろうか!!!???
11- パレスチナ人と親密な関係にあったシオニスト・ユダヤ人は多く(彼らはパレスチナ人の村の弱点をすべて知っていた)、この関係を利用して、後に彼らは虐殺を行った。
* 英国情報機関の機密解除文書から引用 *

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

コロナ警戒情報

ラエル氏のコメント: そして、80億人以上の人々も …

旧植民地がフランス軍に退去を命令

ラエル氏のコメント: 朗報!

ジョン・ケリー氏がダボス会議で「宇宙人」に言及したスピーチを行って論議を呼ぶ

ラエル氏のコメント: 億万長者のイーロン・マスク氏 …

中国が驚くべき人口数を明らかに

ラエル氏のコメント: 朗報です!