ビル・ゲイツ氏、パンデミックの終息時期を予測

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
コンピューター・ソフトウェアの製作者から得たウイルスに関するコメントをメディアが掲載することに驚きを隠せません。 さらに驚くべきは、それを読む人がいるということです! もちろん私は、人類がいかに愚かになったかを皆に思い起こさせるため、読まずに投稿しています。 もし読んでしまったのなら、あなたは愚かさのパンデミックに汚染されてしまっています! 開いてはいけません! ディディエ・ラウールやペロンヌ教授など、疫学者やウイルス学者、感染症学者などのトップ科学者の記事を掲載すべきであって、コンピューターソフト製作者の記事を掲載すべきではありません。 この男は何者でもないのです!

マイクロソフト創業者で、億万長者であるワクチン愛好家のビル・ゲイツ氏は、コビッド19のパンデミックの「急性期」は2022年に終了すると自身のブログで予測し、オミクロン株の亜種の台頭も「懸念材料」とみなしています。

この億万長者は、自身のブログ「GatesNotes」への投稿で、「別の予測をするのは愚かかもしれないが、パンデミックの急性期は2022年のいつかには終わると思う」と示唆しています。

In a couple years, my hope is that the only time you will really have to think about the virus is when you get your joint Covid and flu vaccine every fall.

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Earth’s core cooling faster than expected

RAEL’S COMMENT:  So …

Maitreya Rael awarded the title of Honorary Guide of Humanity to Novak Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

Unvaccinated to face special tax in Quebec, Canada

RAEL’S COMMENT:  &# …

コロナ混乱後の映画館&劇場の閉鎖に関して裁判所が判断を下す

ラエル氏のコメント: ようやく、いくつかの真の民主 …