ビル・ゲイツ氏:バーやレストランは「悲しいことに」4~6ヶ月間閉鎖されるべきだとし、2022年までは「通常」に戻ることはないと語る

ラエル氏のコメント:
自宅にプライベート・シェフがいるからそんな事が言えるのです(マクロンや他の多くの上流階級の人達のように…)

 

マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏は、新型コロナワクチンが今週承認され、配布されているにもかかわらず、米国で「普通の」生活が戻るのは、人々が予想しているよりもさらに先のことだと考えているようです。

ゲイツ氏は、自身の財団を通じて予防接種活動に数百万ドルを寄付していますが、米国は2021年の夏までには「現在よりもはるかに正常に近い状態になるはずだ」と認めるものの、完全な正常に戻るのは2022年以降にならないと不可能だろうと考えています。

この億万長者が13日に行われたCNNの取材に対して語ったところでは、「他国がこの病気を克服するのを助け、米国内でのワクチン接種率を高めない限り」、「再燃の危険性」が生じ得ると指摘しています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。