フランスがアフリカでの対テロ作戦を終了

ラエル氏のコメント:
アフリカにフランス兵が一人でもいる限り、植民地主義に本当の終わりはありません。

サヘルでのミッションは正式に終了したものの、3,000人の兵士が現地に残っています。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、9年間続いた北アフリカのテロ対策である『バルカン作戦』が正式に終了したと発表しました。

同大統領は、「アフリカ諸国への軍事支援は継続するが、アフリカ諸国との間で定めた新たな原則に従う」と説明しています。

この決定は、ここ数カ月で「我々が経験したことの結果」であると、マクロン大統領はフランスのヘリ空母で将官と外交官を前に述べました。

マクロン大統領の今回の発表は、アフリカにおけるフランスの役割の再考を示唆するものではあるものの、現地の状況が変わるわけではありません。 ニジェール、チャド、ブルキナファソには、アルカイダ、イスラム国(IS、旧ISIS/ISIL)などのテログループとの戦闘を任務とする約3000人のフランス軍が配備されたままでいます。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

German soldier going against direct orders to help a young boy

RAEL’S COMMENT: Whe …

「ブラック・ビッチ」を店名に掲げるパブが改名へ

ラエル氏のコメント: 政治的に正しい人たちが言葉の …

New Covid-19 variants dodge immunity

RAEL’S COMMENT: Sev …

Peruvian elongated skull with a metal plate surgically implanted

RAEL’S COMMENT: A P …