フランスにおける2020年の新型コロナによる死亡率:公式データによると「ほぼ例年並みの1年に」

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:

74歳以上の人たちが毎日、1000人死んでいきます。 20年前から毎年、このような状況でした。 70歳以上で”死ぬのは普通”だということを覚えておいてください。 私が若い頃は、70歳以上の人が何で死んだかなど決して尋ねることはなく、人々はただ「彼もしくは彼女は、老衰で亡くなった」と話していました。 今では、老衰で死ぬことが受け入れられなくなりました。「がん」「コロナ」「心臓発作」あるいはその他のものなど、私たちは原因[of death]があることを好みます。

1日1000人の死亡者数は、7000万人の人口においては全く普通の数字です。 パンデミックを意味する過剰な死亡率ではありません。 例年の2倍、3倍の死者が出た時にパンデミックと言えることを覚えておきましょう。最も深刻で歴史的なパンデミックというのは、中世の時代に発生した、フランスの特定地域のような場所で、人口の半分以上を一掃する死者数を伴うようなものを指すのです。 しかし現時点では、全くあてはまりません。 ですから、政府が課している措置は、ロックダウンであれ、外出禁止令であれ、マスクの着用であれ、どれも正当化されるものではありません。 国民はいつになったら、これらの対策を拒否し、普通に生活しようと目を覚ますのでしょうか?

死への恐怖は、もう生きてはいられないほど大きいものになっています。 死ぬことを恐れるのは、まったく馬鹿げています。なぜならいつか、”私たちのすべてが必ず死ぬ”からです。 死を迎えるまでに生き得ないことを恐れる方がはるかに良いです! 激しく、情熱的に生き、外に出かけ、踊って、笑って、(マスクをつけずに)みんなにキスをし、旅をするなど…。 それが生きるということです。そして、生きるということはリスクを冒すことだ、ということを忘れないでください。 生きる上での最大のリスクは、それを一切取らないことです!

また、ウイルスは常に存在してきたこと、そして今も人類の周囲に存在しているということを覚えておいて下さい…中世には(本物の)さまざまなパンデミックが発生していたにもかかわらずです。 私たちの祖先は、その素晴らしい免疫システムのおかげで生き延びてきました。 他の人々と同じように感染していたのは間違いありませんが、免疫システムによって彼らに免疫が備わり、ワクチンやマスクを用いることなく生き残ったのであり、 だからこそ私たちは今日も生きているのです。 もっとも身体の弱い人たちが何百万人も亡くなったのは悲しいことですが、もっとも強い人たちは生き残り、彼らのおかげで私たちは今日ここに存在しています。 私たちの祖先とは、そういう人たちなのです。 私たちの免疫システムは、その一部が私たちの祖先のものであることを忘れてはなりませんし、彼らに感謝しつつ、私たち自身を他人から隔離するのではなく、できるだけ多くの人と接触し、突然変異を加速させることで、免疫システムを強化し続け、現代のウイルスに適応させましょう。

最後に、死への恐怖こそが、私たちを最も危険にさらすものであることを覚えておいてください。なぜなら、恐怖とそれが生み出すストレスは、私たちの免疫システムを劇的に弱めてしまうからです。 エロヒムが私たちに与えて下さった素晴らしい身体と、その自然免疫能を信頼することによって、彼らに敬意を払うことは、私たち自身の義務です!

マイトレーヤ・ラエル/75aH (2021) 1月19日

 

フランス語ビデオへのリンク(自動生成のフランス語字幕が利用可能)

元記事はこちら

you might also like

カリフォルニアのカフェがマスクをしている来店客に対して5ドルの追加料金を請求

ラエル氏のコメント: とても良い決断です! すべて …

私たちは数字ではない

ラエル氏のコメント: 先週、パレスチナのガザに侵攻 …

グアンタナモで16年間収容されていた最高齢者が無罪釈放される

ラエル氏のコメント: 犯罪国家の米国。 この人は何 …

テキサス州のアボット知事、職員にフェイスマスクを要求することを禁止/要求した者には1,000ドルの罰金を導入

ラエル氏のコメント: すべての国々が一刻も早く同様 …