フランスのアルカションでは、水着でうろうろしていたら38ユーロの罰金が

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

ラエル氏のコメント:

「正しい」服装? それは何ですか? イランのような服装警察のお目見えです!

 

アルカション市は、無関心の高まりに直面する中、毅然とした態度で臨むことにした。 市長は、様々な不適切な行為を制裁する政令を出している。 放尿から勝手な木の伐採まで。

「あなたは、市の中心部での服の着用に関する地方自治体の命令に違反しています」 ボルドーからアルカションに来た二人の若い女性、イネスとジョゼフィーヌは、胸に黒い三角形の水着を着ていたが、そのような発言を受けるとは思いもしなかった。

「私たちはいつも水着を着慣れているし、知りませんでした」と、そのうちの一人が証言。 「浜辺に戻り、所持品を集めて規制の範囲内になるようにお願いします。水着に加えて何かを着ないと、38ユーロの罰金が科せられます」 その朝パトロール中の2人の地方自治体の警察官は彼らを口頭で注意した。 今回は見逃しに。

彼らは朝から晩まで、自治体が決めたルールが尊重される取り締まっている。 「横断歩道の真ん中にゴミ箱がある」 警察官は写真を撮り、「午前10時前」に返し忘れた店員さんのところへ。

少し進むと、水辺の遊歩道を二人のサイクリストが走っていた。 「ここは歩行者天国なんだから、降りないといけない」 その2分後、さらに2台の自転車が道を間違えて下っていく。 「自転車のルールは車と同じだ!」と警官が叫ぶ。 「降りるなら良いが、轢かれるかもしれないから歩くこと」

夏のパトロールでは、静かな時間はほとんどない。 アルカションは、夏になると10万人近くの観光客を迎える。 そして今年、「我々は新たな違反に直面している」とイヴ・フーロン市長は言う。

「国家警察と連絡を取りながら、市警に犯罪をもっと厳しく処罰するように要請しています」と市長は警告している。

市長はこのように、「私たちのビーチに投げられたタバコの吸殻」、「公道での排尿」、「舗道での犬の排泄物」、「剪定に関係するすべてのこと、また時には無許可で行われている木の伐採」を指摘している。 「これらは全て犯罪であり、単なる行動の問題ではありません。二度と起こらないように罰を与えたい」と話している。

https://france3-regions.francetvinfo.fr/nouvelle-aquitaine/gironde/arcachon-si-vous-vous-baladez-maillot-c-est-38-euros-amende-1859140.html?utm_term=Autofeed&utm_medium=Social&utm_source=Facebook&fbclid=IwAR1AO_nj8oqzXZa-1ed-DTMUbNysGlT4zjxXkw5-0rAFBBp6AlLuSdC3yRU#Echobox=1596277695

創造者からのメッセージ

1973年のラエルのUFOの出会いの間に私たちのクリエイターによって私たちに与えられたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

I throw my mask in the trash… definitively

RAEL’S COMMENT: We …

Covid-19 study on mask-wearing efficacy rejected by journals as no one is ‘brave’ enough to publish results – Danish researchers

RAEL’S COMMENT: A f …

アーティストたちはどこにいった?

ラエル氏のコメント: ウイルスの恐怖は、「従順」に …

恐怖の象徴であるニワトリが、力の象徴であるワシに勝つ方法

ラエル氏のコメント: いかにすれば、恐怖の象徴であ …