フランスのレジスタンスたちは今や陰謀論者に /『私は、フランス人がなぜ過去のレジスタンスを(英雄と呼んで)賞賛し、現在のレジスタンスを(陰謀論者と呼んで)それほどまでに憎むのか理解に苦しむ』

ラエル氏のコメント:
彼らは、何のリスクも負わない今の彼らを賞賛すると主張していますが、もし彼らがその時代に生きていたら、レジスタンスを非難した80%のフランス人協力者の一員になっていたでしょう。

「陰謀論」という言葉は、ジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件の直後、米中央情報局(CIA)の隠された策略によって、否定的で侮蔑的な「ミーム」となりました。 これは推測ではなく、歴史的事実です。 ケネディ暗殺事件以前には、「陰謀論」という言葉は、否定的または侮蔑的な意味ではなく、単に歴史の点と点を結びつけて、孤立した事象の調査では見落とされがちな証拠の特定のパターンを明らかにする手法であると考えられていました。

1963年11月22日以降から「陰謀論」という言葉が否定的な「ミーム 」となったのです。 2016年9月5日付のWeb サイト『The Unz Review』(Ron Unz氏著)には、CIAが「陰謀論」という言葉を今日のような否定的な意味合いに変えることになった経緯と理由について、非常に詳細な考察が掲載されています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。