フランス領インド洋無人島群の返還が「実現されない」とマダガスカル人が語る

ラエル氏のコメント:
フランス帝国主義と植民地主義が激しく崩壊しつつあります…。

 

これらはモザンビーク海峡沿いにある5つの小さな土地で、金の価値があるとされています。 インド洋のビッグアイランドとアフリカ大陸の間に位置するマダガスカル沖の40km²の島々は、生物多様性に優れた真の生態学的パラダイスです。小さな群島は、その重要な炭化水素の富で知られています。重要な航路に位置するこれらの小島は、防衛と安全上の理由から戦略性が高いと考えられています。 小さな群島は、その重要な炭化水素の富で知られています。 重要な航路に位置するこれらの小島は、防衛と安全上の理由から戦略性が高いと考えられています。

パリとアンタナナリボの間の古い論争
マダガスカルは1973年以降、一貫してフランスが管理する島々の返還を要求してきました。 これは完全に正当な要求だ、とジャーナリストのリシャール・ラベヴィエール氏は言います。 「歴史的には、フランスは独立宣言のわずか2日前に散在島をパッケージから取り出したので、完全に正当化されています。仲裁裁判所では、フランスがこの対立に負ける可能性が高いことは明らかだ」とラベヴィエール氏はRFIに語りました。

これまで両当事者は、この紛争を解決するために国際的な場に訴えることを避け、 対話を優先してきました。 2019年5月にパリで開催されたマラガシーのアンドリー・ラジョエリナ大統領とフランスのエマニュエル・マクロン大統領との会談をきっかけに、これらの島々の将来についての話し合いが再開されました。 そのために合同委員会が設置され、マダガスカル独立記念日である2020年6月26日までに合意に達することが課題となっていました。 この会談で高まった希望は、 2019年10月にフランスの国家元首が紛争地域の列島を訪問したことで打ち砕かれました。 彼の発言は、マダガスカルに冷たいシャワーを浴びせる効果がありました。

 

https://www.francetvinfo.fr/monde/afrique/societe-africaine/restitution-des-iles-eparses-par-la-france-nous-ne-nous-laisserons-pas-faire-clament-les-malgaches_4021515.html?fbclid=IwAR0XN7WgpRBjkvWzobNxhOABrjjRkv4XKVjJV3nQgfcxYUhmATrDmm-OCeU

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …