個人の自由に反するとしてワクチン接種を証明するパスポートの発行がフロリダで禁止に

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
悪名高いウイルスのせいで世界的な大流行が起きていると信じさせ、人々を怖がらせようとあらゆることをしているメディアの嘘つきたちが、あなたには見せないものです。共和党員の多いアメリカのフロリダ州では、今やすべてがオープンになり、通常の生活が続けられています。そして、それはアメリカの他の多くの『共和党の州(親トランプ)』でも同様であり、さらにフロリダ州では、個人の自由や米国憲法に反するという理由で、ワクチン接種を証明するパスポートの発行が禁止されています。また、フロリダの病院では、大したことではないと報じられており、終末論的なものでは一切なく、ウイルスが猛威を振るっているわけでもありません。

米国テキサス州のレンジャーズは、トロント・ブルージェイズとのホーム開幕戦のため、月曜日にアーリントンのグローブ・ライフ・フィールドに少なくとも38,000人のファンを迎え入れました。

この試合は、1年以上前にコロナウイルスによってすべてのスポーツイベントが中止されて以来、初めての満員となるスポーツイベントになりました。

月曜日の試合の有料入場者数は38,238人で、レンジャーズのスポークスマン、ジョン・ブレイク氏は「完売」と表現。 ブレイク氏によると、スタジアムの全体の収容人数は40,518人とのことです。

レンジャーズは、メジャーリーグの中で唯一、球場の座席数を満員にすることができるチームです。これは、テキサス州知事のグレッグ・アボット氏が先月、マスクの規制を撤廃し、企業が100%の収容人数で営業することを許可したことにもよります。

レンジャーズのイサイア・キナー・ファレファ内野手は、「観客が応援してくれているだけで、いい気分になりました」と話し、さらに 「私が出場した時のアナウンスは、今日までの私のキャリアの中で最もクールな瞬間の一つだったと思います」 と語っています。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Divorce invitation

RAEL’S COMMENT: Mag …

コロナウイルスから回復した著名人たち

ラエル氏のコメント: 恐怖心を存続させたいがために …

イスラエル政権から奪われたパレスチナ人の家

ラエル氏のコメント: パレスチナのイスラム教徒やキ …

批判されることなく自分らしさを貫く

ラエル氏のコメント: この人のようになることを選ぼ …