ブルース・ウィリス氏、マスク着用を「拒否」したため退店するよう求められる

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
みんな同じようにして下さい。 マスクの着用を決して受け入れないこと。 マスクを求めないお店やレストランは他にもたくさんあります!彼らにお金を渡しましょう! そして、お店やレストランのオーナーには、マスクを要求しない他のお店やレストランで買い物や食事をすることをはっきりと伝えるのです。 彼らの財布を懲らしめれば、そのうち考え直すでしょう…。

 

ブルース・ウィリス氏がマスク着用を「拒否」したため、立ち寄ったロスアンゼルスのお店を退店するよう求められた、と本サイトに報告がありました。

情報筋によると、ウィリス氏(65歳)は、首にバンダナを巻いており、容易に引き上げられ状態にありましたが、店内の人々はマスクをしていなかったことに動揺したそうです。

店内でマスクをつけない姿で撮影された 映画『ダイ・ハード』のスター俳優は、なにも購入することなく立ち去ったということです。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

コロナウイルスから回復した著名人たち

ラエル氏のコメント: 恐怖心を存続させたいがために …

イスラエル政権から奪われたパレスチナ人の家

ラエル氏のコメント: パレスチナのイスラム教徒やキ …

批判されることなく自分らしさを貫く

ラエル氏のコメント: この人のようになることを選ぼ …

小さなウイルスが人類に謙虚さを教える

ラエル氏のコメント: ほんの小さなウイルスひとつか …