プーチン氏がウクライナへの攻撃について説明

ラエル氏のコメント:
(RT記事よりラエル氏が引用)「ウクライナがドネツクおよびルガンスク人民共和国の反政府勢力との和平協定の履行を公然と拒否したため、ロシアはそこに住む人々を守るために軍事力を行使するしかなかった」

キエフはドンバス共和国と結んだ和平協定を公然と退けたため、モスクワは彼らを保護しなければならなかった、とロシア大統領は述べました。

ウクライナがドネツクおよびルガンスク人民共和国の反政府勢力との和平協定の履行を公然と拒否したため、ロシアはそこに住む人々を守るために軍事力を行使するしかなかった、とロシアのウラジーミル・プーチン大統領が火曜日に主張たものです。

ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領をはじめとするキエフの高官たちは、「ミンスク合意は履行できないと宣言した」とプーチン氏は振り返りました。これは、ロシア、ドイツ、フランスが仲介したウクライナの和平ロードマップを指しています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。