プーチン氏がウクライナへの攻撃について説明

ラエル氏のコメント:
(RT記事よりラエル氏が引用)「ウクライナがドネツクおよびルガンスク人民共和国の反政府勢力との和平協定の履行を公然と拒否したため、ロシアはそこに住む人々を守るために軍事力を行使するしかなかった」

キエフはドンバス共和国と結んだ和平協定を公然と退けたため、モスクワは彼らを保護しなければならなかった、とロシア大統領は述べました。

ウクライナがドネツクおよびルガンスク人民共和国の反政府勢力との和平協定の履行を公然と拒否したため、ロシアはそこに住む人々を守るために軍事力を行使するしかなかった、とロシアのウラジーミル・プーチン大統領が火曜日に主張たものです。

ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領をはじめとするキエフの高官たちは、「ミンスク合意は履行できないと宣言した」とプーチン氏は振り返りました。これは、ロシア、ドイツ、フランスが仲介したウクライナの和平ロードマップを指しています。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

Switzerland may ban EVs to avoid blackouts

RAEL’S COMMENT: Can …

China faces marriage crisis

RAEL’S COMMENT: Won …

Elon Musk names new timeline for human brain-chip tests

RAEL’S COMMENT: The …

Boeing offers to make bombs for Ukraine

RAEL’S COMMENT: War …