ベルギーは不安定な状況にある女性のための無料堕胎薬を検討中

ラエル氏のコメント:

至るところで、そして中絶についても同様に実施されるべきです!

 

ベルギーのもっとも貧しい女性のために、避妊が完全に無料になるとしたらどうでしょう? ここで話題になっている法案を紹介します。

今日でも、多くの貧しい女性はまだ避妊をすることができません。 この大きな問題を克服するために、ベルギーの環境保護主義者たちは、避妊薬の全額を償還することを目的とした法案を提出しました。 連帯責任の取り組みです。

7月14日、下院保健委員会は、最大政党であるキリスト教民主フラームス党(CD&V)とエコロ・グロエン党から出された法案を満場一致で可決しました。 後者は、ピルや子宮内避妊具などの避妊の償還を拡大することを目指しています。 この重要な措置は、増加した手当の恩恵を受け取る女性、すなわち不安定な経済状況にある女性のみを対象としています。

緑の党は、避妊の費用は女性と男性の間の不平等の要因だと考えています。 さらに、仕組みへのアクセスを改善することで、若い女性の間の望まない妊娠の数を大幅に減らすことができるでしょう。

『DH/Les Sports』紙では、エコロ連立政府のサラ・シュリッツ議員の声を次のように引用しています:

「すべての人は、子供を持つかどうかの決定を含めて、自分の性生活について自由に決定することができるべきです。そして、これらの決定は、財務上の配慮とは無関係に行われなければなりません。これは自由の問題ではありますが、公衆衛生の問題でもあるのです」

La Belgique envisage la gratuité des contraceptifs pour les femmes en situation de précarité

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。