ベルリンが原子力発電の利用を拡大する可能性

ラエル氏のコメント:
現実に戻っています…。

エネルギー危機の進行により、ドイツは長年計画されていた原子力発電所の停止を撤回せざるを得なくなりました。

ロベルト・ハーベック経済大臣は火曜日、電力供給の逼迫が続き、発電量が不足する可能性があるため、ドイツは残り3基のうち2基の原子力発電所の使用を継続せざるを得ないかもしれないと述べたものです。

ベルリンで開催された気候変動会議において、「ストレステストでは、送電網の安全のために原子力を使う必要が出てくるかもしれないという状況に、今すでに陥っている」と述べています。

ドイツは2011年の福島原発事故後、脱原発計画の一環として、2021年12月に原子力発電所の半分を停止しました。 当初の計画では、ベルリンはネッカーウェストハイム、エッセンバッハ、エムスラントの3つの原子力発電所が停止する今年末までに、原子力を完全に停止させるつもりでした。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

健康はもっと大切

ラエル氏のコメント: 検査やワクチンを受けるくらい …

The Woman King

ラエル氏のコメント: ダホメ王国の女性戦士たちが、 …

命令に背いて少年を助けるドイツ兵

ラエル氏のコメント: 命令が愛に反しているときは、 …

「ブラック・ビッチ」を店名に掲げるパブが改名へ

ラエル氏のコメント: 政治的に正しい人たちが言葉の …