ホームレス用のシェルターとしてドイツの都市に未来型カプセルが提供される

ラエル氏のコメント:
本当に人間味のある政府はそれを優先すべきです。 しかし彼らは、無用な武器に何百万ドルも浪費することを好むのです…。

 

 

暖かいベッドは誰もが望むことができる最も満足度の高いものですが、シーツの下に隠れることは、特に外が寒いときには、誰にでもできることではありません。 このため、ドイツのウルム市では、寒い時期にホームレスの人たちにシェルターを提供するため、「ウルマーの巣」と呼ばれるカプセルが設置されています。 このプロジェクトは、ウルムに拠点を置くスタートアップ2社とITの専門家であるFlorian Geiselhart氏の発案によるものです。

公園などの近くには、木と鉄でできた近未来的なユニットが置かれています。 でも、外にいるのだから、どうせ風邪をひいてしまうのでは? いいえ、ベッドには風や寒さ、湿気から守る断熱材が入っており、サイズも十分な大きさがあるので、2人分のベッドを使用することができます。

カプセルにはソーラーパネルとセンサーが搭載されており、開閉動作を検知するようになっています。 しかし、省エネに向けた最適化を目的として、更なる改善が計画されています。 また、各ユニットは無線ネットワークに接続されているため、利用者はモバイルネットワークに接続することなく通信を行うことが可能です。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。