ポルトガルが全ての薬物を非合法化するという抜本的決定を下す

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
警察国家の精神に勝る自由:「すべての薬物に関する個人使用の非犯罪化。その結果、HIV感染とそれに伴う犯罪はすべて減少しました」 これはあらゆる場所で適用されるべきです! 一部の国の政府は、警察国家の精神によって「独裁的な権力」を行使するというスリルを味わうよりもむしろ、自国の市民の自由、幸福、富を本当に気にかけています。 同じくスウェーデンも、コロナと向き合う点において、ロックダウンやマスクの着用を強要しておらず、過去に毎年発生していた通常のインフルエンザによる死亡者を上回ってはいません…。

 

90年代、ポルトガルは麻薬危機に陥っていました。

過剰摂取によるヨーロッパでも最悪の死亡率と、薬物使用者のHIV感染率が最も高い国の一つだったのです。

この公衆衛生上の緊急事態に対応するため、ポルトガル政府は医師、精神科医、裁判官を含む専門家グループを立ち上げ、全国的な戦略を立案しました。

委員会は、個人的な使用を目的としたすべての薬物の非犯罪化を含む抜本的な措置を提案。

2001年に新法が施行され、その結果、過剰摂取、HIV感染、関連犯罪はすべて減少したのです

薬物政策の立案者の一人であるジョアン・グーラン博士は、この戦略の成功という歴史的瞬間を目の当たりにし、語ってくれたものです。

https://www.bbc.com/news/av/stories-54537419

創造者からのメッセージ

1973年のラエルのUFOの出会いの間に私たちのクリエイターによって私たちに与えられたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like