マイトレーヤ・ラエルがディディエ・ラウール氏、クリスチャン・ペローネ氏、ロバート・F・ケネディJr氏に名誉ガイドの称号を授与

ラエル氏のコメント:
私は、次の方々に「人類の名誉ガイド」の称号を授与することにしました:
ディディエ・ラウール教授
クリスチャン・ペローネ教授
ロバート・F・ケネディ・ジュニア氏

新型コロナウィルス感染症とそのワクチン疑惑に関する政府やメディアの警戒論的言説に別の視点を持ち込んだ貢献により、ディディエ・ラウール教授とクリスチャン・ペローネ教授、そしてロバート F. ケネディ・ジュニア氏が人類の名誉ガイドにノミネートされました。

 

ディディエ・ラウール氏は、1952年3月13日にセネガルのダカールで生まれたフランスの微生物学者、感染症の専門家であり、2021年に引退するまでエクス・マルセイユ大学およびマルセイユ大学病院の大学教授-開業医、地中海感染症大学病院(IHU)の研究所所長などを務めていました。

2010年にフランス国立衛生医学研究所大賞を受賞し、マルセイユのチームとともに複雑なウイルスとバクテリアについて研究してきました。

ラウール氏は、コヴィド19のパンデミックが始まった2020年に、ヒドロキシクロロキンをベースにした治療法が健康危機を解決できると発表し、国際的にメディアで有名になりました。

 

クリスチャン・ペローネ氏は、1955年3月19日にアンジェ(メーヌ・エ・ロワール県)で生まれたフランスの医師、大学教授、病院開業医です。 専門は熱帯病学と新興感染症です。 また、公衆衛生高等評議会の「伝染病」専門委員会の委員長も務めていました。

ライム病に関する議論を重ねるとともに、Covid-19の流行時にはディディエ・ラウール教授が提唱した治療法を支持したことでも知られています。 Martine Wonner氏が創設したBonSens協会を支援しています。 2021年は、抗コビド19ワクチンの隠された真実とパンデミックの変遷について広く発信しました。

 

ロバート・フランシス・ケネディ・ジュニア氏(1954年1月17日生まれ)は、反ワクチン情報の普及や教育で知られるアメリカの環境弁護士、作家です。 ケネディ氏は、米国上院議員ロバート・F・ケネディ氏の息子であり、ジョン・F・ケネディ大統領の甥にあたります。 1999年に非営利環境保護団体『Waterkeeper Alliance』の設立に携わり、同団体の理事長を務めています。 現在、全国放送のラジオ番組『Ring of Fire』の共同司会を務めるほか、ニューヨークタイムズのベストセラー作品2冊を含む10冊の本の執筆・編集に携わっています。

1986年から2017年まで、非営利環境保護団体である自然資源防衛協議会(NRDC)の上級弁護士を務めていました。 1984年から2017年までは、Hudson Riverkeeperの理事兼弁護士を務めていました。 弁護士としてのキャリアをスタートさせる以前は、ニューヨーク市の地方検事補を務めていました。 ペース大学ロースクールでは、30年以上にわたって環境法の非常勤教授を務めています。 1987年に設立したペースロースクールの環境訴訟クリニックの監督弁護士と共同ディレクターを2017年8月まで務めていました。

2005年以降、ワクチンが自閉症を引き起こすという考えを広め、反ワクチン教育団体『Children’s Health Defense』の創設者兼会長を務めています。

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

The Woman King

RAEL’S COMMENT: Jus …

German soldier going against direct orders to help a young boy

RAEL’S COMMENT: Whe …

「ブラック・ビッチ」を店名に掲げるパブが改名へ

ラエル氏のコメント: 政治的に正しい人たちが言葉の …

New Covid-19 variants dodge immunity

RAEL’S COMMENT: Sev …