マダム・ジャンヌ=ルイーズ・カルマンさんの紹介

ラエル氏のコメント:
とても重要なのは、彼女はベジタリアンではなかったということです。喫煙し、毎週1キロのチョコレートを食べ、毎日ポートワインを飲み、飲水にはいつも砂糖を入れていました…。 それを知ってもなお、自身のお気に入りを我慢し、若くして死ぬのは自由ですが…。

ジャンヌ=ルイーズ・カルマン婦人は、確認されている人間の寿命としては最も長い122年と164日の人生を送りました。 彼女の生き方を運命が大いに認めたのでしょう。 彼女は1875年2月21日にフランスのアルルで生まれました。 彼女が14歳の時、エッフェル塔が建てられました。 この頃、彼女はフィンセント・ファン・ゴッホと出会っています。 1988年に行われたインタビューでは、「汚くて、身なりが悪く、気難しい男性だった」と振り返っています。
85歳の時にフェンシングを始め、100歳になっても自転車に乗っていました。 114歳で自身の人生を描いた映画に主演し、115歳で股関節の手術を受け、1896年の21歳の時に始めた喫煙は、117歳になるまで止めませんでした。 健康のために禁煙したのではなく、目が見えなくなったことから、タバコに火をつける際、誰かに手伝ってもらうのが嫌だったためでした。
1965年、ジャンヌさんは90歳になっていましたが、相続人はいませんでした。 彼女は、47歳の弁護士アンドレ・フランソワ・ラフレー氏にアパートを売る契約をします。 彼は、彼女が死んだらアパートを相続することを条件に、毎月2,500フランを支払うことに同意しました。 しかし、ラフレー氏は30年間ジャンヌさんに金を払い続けただけでなく、その後77歳でジャンヌさんよりも先に亡くなりました。 彼の未亡人に残されたのは、マダム・カルマンさんに死ぬまで金を払い続ける法的義務でした。
ジャンヌさんは鋭い精神力を持ち続けていました。 120歳の誕生日に「どんな未来を期待しますか?」と聞かれたとき、彼女は「とても短い未来」と答えています。
ジャンヌ=ルイーズ・カルマンさんが語る人生訓をご紹介します:
「私はワインに恋しています」
「赤ちゃんはみんな美しい」
「笑い死にしそうです」
「私は善良なる神に忘れられたのです」
「私のシワは一本だけで、その上に座っているのよ」
「マスカラは決して付けません。だって涙が出るまで笑うことがしばしばあるから」
「変えられないものについは、気にしてはいけません」
「いつも笑顔を絶やさない。それが私が長寿でいる理由です」
「よく見えず、よく聞こえず、嫌な気分ですが、でもすべてては順調です」
「生きたいという気持ちがとても強く、食欲も旺盛で、特に甘いものが好きです」
「私は鉄の足を持っていますが、実を言うと、少し錆びが出てゆがみ始めています」
「楽しめるときは楽しみました。明瞭かつ道徳的に、後悔のないよう行動してきました。私はとても幸運です」
「若さとは心の持ちようであり、身体に左右されるものではありません。 実際、私はまだ少女です。ただ、この70年間は、あまり見栄えが良くないだけです」
あるインタビューの最後に、「マダム、また来年のどこかでお会いできることを楽しみにしています」と記者から言われた彼女は、次のように答えています。 そうですね。でもあなたはそんな年でもないでしょうに、まだ長生きするわよ!」

翼を身に着けたこの画像は、L.リヒテンフェルス氏による作品です。

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。