マダム・ジャンヌ=ルイーズ・カルマンの紹介

ラエル氏のコメント:
まさに素晴らしい例ですね。彼女は生涯を通じて喫煙し、毎日ポートワインを飲み、毎週1キロのチョコレートを食べ、たくさんの肉を食べ、飲む水にはいつも砂糖を入れていたことを常に思い出してください。さあ、アルコール、砂糖、肉、喫煙を避けた「健康的な食生活」に戻り、人の平均寿命である80歳以下で死にましょう…彼女は122歳で亡くなったのを忘れないでくださいね!!!

ジャンヌ=ルイーズ・カルマン婦人は、確認されている人間の寿命としては最も長い122年と164日の人生を送りました。 彼女の生き方を運命が大いに認めたのでしょう。 彼女は1875年2月21日にフランスのアルルで生まれました。 彼女が14歳の時、エッフェル塔が建てられました。 この頃、彼女はフィンセント・ファン・ゴッホと出会いました。 1988年に行われたインタビューで彼女は、「汚くて、身なりが悪く、気難しい男性だった」と振り返っています。

85歳の時にフェンシングを始め、100歳になっても自転車に乗っていました。 114歳で自身の人生を描いた映画に主演し、115歳で股関節の手術を受け、1896年の21歳の時に始めた喫煙は、117歳になるまで止めませんでした。 健康のために禁煙したのではなく、目が見えなくなったことから、タバコに火をつける際、誰かに手伝ってもらうのが嫌だったためでした。

続きを読む

Wikipedia

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。