メルボルンで行われた高層ビル群のロックダウンは“人権侵害”

ラエル氏のコメント:
ようやく人権を考慮に入れる人が現れました。 そうです、人権法は自由を守るために書かれたものであり、公共の安全や健康よりも何よりも重要なものです!

 

オーストラリアのメルボルンにある9つの高層ビルで、コロナウイルスの発生に起因して慌ただしく行われたロックダウンは、人権法に違反するものだった、との判断を行政監察官が下しました。

州政府の命令により、約3,000人が7月4日から最長2週間、公営住宅が警察の監視下に置かれ、閉じ込められたものです。

住民には何の通知も行われず、多くの人が食べ物や薬のない状態で放置されていたことを意味すると、行政監察官は見解を述べています。

ビクトリア州政府はこの勾留状態について、人権法に違反するものではないと否定しています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …