ロシアがNATO加盟3カ国の領事館を閉鎖

ラエル氏のコメント:
制裁は一方通行ではありません…。

外交関係がさらに悪化する中、モスクワはバルト三国に一触即発の対応をとることで応えました。

ロシア外務省は2日、バルト3国の「非友好的行動」に対応し、領事館を閉鎖して職員の「国外退去処分」を宣言したものです。 エストニア、ラトビア、リトアニアは以前、ロシア領事館を閉鎖することを発表していました。

同省は、これらの国々の外交団のトップを召集し、そのような措置に「強い抗議」を表明。 ロシアはこの会談の中で、サンクトペテルブルクにある3カ国の総領事館と、プスコフにあるラトビア領事館、エストニア領事館の業務を禁じると発表しました。 外務省は、これらの国からキエフに提供されている軍事支援や、「ドンバスとウクライナの民間人に対するウクライナ人民族主義者の犯罪の隠蔽」を考慮し、「互恵主義の原則に基づき」決定が下されたと明言しました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

West’s selective treatment of Ukrainian refugees

RAEL’S COMMENT:  Th …

Tennis icon claims booing ‘fuels’ Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …