ロックダウンのさなかにパリでホームレスになるということ

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
パリだけでも路上に約30,000人が寝ていると推定されています。 ロックダウンにより、自宅に留まっていない人は135ユーロの罰金対象となります…。 警察は路上で寝ている人にそのような罰金を課すのでしょうか? 少し興味深いです…。

 

パリの街を訪れたフィナンシャル・タイムズ紙は、パンデミックの影響でホームレスの日常生活がさらに困難になっていると報じています。 ホームレスを支援する非営利団体は最善を尽くしていますが、政府の援助は依然として限られています。

通常、約3,500人のホームレスがパリの路上で生活していますが、彼らのテントやその場しのぎのベッドは、光の街に集まる通行人の群れに見向きもされていないことが多いです。 彼らは生き残り、お金や食料を調達するために歩き回り、慈善団体や政府機関が提供する数え切れないサービス支援のおかげで生き残っています。

しかし、私たちの置かれている状況は正常ではありません。 フランスでは、コロナウイルスの影響で4週目のロックダウンに入っています。ホームレスの状況は、移動の自由の問題でさらに悪化しており、食糧供給所、トイレ、公共シャワー、日帰り宿泊施設に限定されるようになっています。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Orban’s gang of 4 rejecting immigration in favor of pro-family policies

RAEL’S COMMENT:  Ma …

EUの外交政策責任者が「我々の」アフリカに立ち入らないようにと告げる

ラエル氏のコメント: ヨーロッパ人がアフリカを自分 …

Windows 3.0を紹介するビル・ゲイツ

ラエル氏のコメント: そして、人々はワクチン接種に …

ハドソン川の伐採作業員たち(1907年 ニューヨーク州グレンフォールズ付近)

ラエル氏のコメント: 森林伐採によっていかに地球が …