ロックダウンのさなかにパリでホームレスになるということ

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
パリだけでも路上に約30,000人が寝ていると推定されています。 ロックダウンにより、自宅に留まっていない人は135ユーロの罰金対象となります…。 警察は路上で寝ている人にそのような罰金を課すのでしょうか? 少し興味深いです…。

 

パリの街を訪れたフィナンシャル・タイムズ紙は、パンデミックの影響でホームレスの日常生活がさらに困難になっていると報じています。 ホームレスを支援する非営利団体は最善を尽くしていますが、政府の援助は依然として限られています。

通常、約3,500人のホームレスがパリの路上で生活していますが、彼らのテントやその場しのぎのベッドは、光の街に集まる通行人の群れに見向きもされていないことが多いです。 彼らは生き残り、お金や食料を調達するために歩き回り、慈善団体や政府機関が提供する数え切れないサービス支援のおかげで生き残っています。

しかし、私たちの置かれている状況は正常ではありません。 フランスでは、コロナウイルスの影響で4週目のロックダウンに入っています。ホームレスの状況は、移動の自由の問題でさらに悪化しており、食糧供給所、トイレ、公共シャワー、日帰り宿泊施設に限定されるようになっています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Maitreya Rael awarded the title of Honorary Guide of Humanity to Novak Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

Unvaccinated to face special tax in Quebec, Canada

RAEL’S COMMENT:  Of …

コロナ混乱後の映画館&劇場の閉鎖に関して裁判所が判断を下す

ラエル氏のコメント: ようやく、いくつかの真の民主 …

ロシアの薬がデルタ株とオミクロン株の両方に有効であることを科学者が証明

ラエル氏のコメント: 法律は非常に明確で、どんな病 …