世界初の3Dプリンターで作られたステーキ

ラエル氏のコメント:
早く食べてみたいですね!

3Dバイオ・プリンターと牛の本物の細胞を使って、世界で初めて食肉処理をしないリブロースステーキが作られました。

イスラエルのAleph Farms社は、テクニオン・イスラエル工科大学の生物医学エンジニアリング学部と共同で、動物を殺さずに本物のステーキと同じ品質、食感、味を持つリブロースを研究室で培養。

Aleph Farms社は、新しい3Dバイオプリンティング技術と培養した動物の生細胞を用いて、このリブロースを育てました。 食肉の製造過程では、本物のステーキの食感や品質を生み出すために、培養された生きた細胞を印刷し、成長、分化、相互作用させます。

このプロセスは、組織内で自然に起こる血管形成に似ています。 Aleph Farms社によると、厚みのある組織に栄養分が行き渡り、調理前と調理中に従来の肉の構造に近いステーキができるといいます。

Twitter に投稿された動画

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …