世界初の3Dプリンターで作られたステーキ

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
早く食べてみたいですね!

3Dバイオ・プリンターと牛の本物の細胞を使って、世界で初めて食肉処理をしないリブロースステーキが作られました。

イスラエルのAleph Farms社は、テクニオン・イスラエル工科大学の生物医学エンジニアリング学部と共同で、動物を殺さずに本物のステーキと同じ品質、食感、味を持つリブロースを研究室で培養。

Aleph Farms社は、新しい3Dバイオプリンティング技術と培養した動物の生細胞を用いて、このリブロースを育てました。 食肉の製造過程では、本物のステーキの食感や品質を生み出すために、培養された生きた細胞を印刷し、成長、分化、相互作用させます。

このプロセスは、組織内で自然に起こる血管形成に似ています。 Aleph Farms社によると、厚みのある組織に栄養分が行き渡り、調理前と調理中に従来の肉の構造に近いステーキができるといいます。

Twitter に投稿された動画

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

コロナ・ワクチンにノー

ラエル氏の見解: 私はきっぱりとコロナ・ワクチンに …

米軍、シリアの占領ガス田付近で「間接的な」ロケット攻撃を受ける

ラエル氏のコメント: アメリカによるもう一つの不法 …

神への信仰を信じていない彼ら

ラエル氏のコメント: 彼らの「全知全能の神」からの …

「また、何もしないことで不正を働くことも可能なのだ」

ラエル氏のコメント: パレスチナ人のために何もしな …