世界初の3Dプリンターで作られたステーキ

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
早く食べてみたいですね!

3Dバイオ・プリンターと牛の本物の細胞を使って、世界で初めて食肉処理をしないリブロースステーキが作られました。

イスラエルのAleph Farms社は、テクニオン・イスラエル工科大学の生物医学エンジニアリング学部と共同で、動物を殺さずに本物のステーキと同じ品質、食感、味を持つリブロースを研究室で培養。

Aleph Farms社は、新しい3Dバイオプリンティング技術と培養した動物の生細胞を用いて、このリブロースを育てました。 食肉の製造過程では、本物のステーキの食感や品質を生み出すために、培養された生きた細胞を印刷し、成長、分化、相互作用させます。

このプロセスは、組織内で自然に起こる血管形成に似ています。 Aleph Farms社によると、厚みのある組織に栄養分が行き渡り、調理前と調理中に従来の肉の構造に近いステーキができるといいます。

Twitter に投稿された動画

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

カリフォルニアのカフェがマスクをしている来店客に対して5ドルの追加料金を請求

ラエル氏のコメント: とても良い決断です! すべて …

私たちは数字ではない

ラエル氏のコメント: 先週、パレスチナのガザに侵攻 …

グアンタナモで16年間収容されていた最高齢者が無罪釈放される

ラエル氏のコメント: 犯罪国家の米国。 この人は何 …

テキサス州のアボット知事、職員にフェイスマスクを要求することを禁止/要求した者には1,000ドルの罰金を導入

ラエル氏のコメント: すべての国々が一刻も早く同様 …