実験室で作られた肉の販売許可が世界で初めて下りる

ラエル氏のコメント:
早く味見したいですね!

 

いわゆる「クリーン」な肉の人気が高まる中、アメリカのスタートアップ企業が、動物の筋肉細胞をもとに実験室で作るチキンナゲットの製造に乗り出しました。 シンガポールが世界で初めて販売を許可したことを受けてものもです。

シンガポールは、米国のスタートアップ企業であるEat Just社に対し、実験室で育てた鶏肉を販売する許可を 与えました。 同社によると、いわゆる「クリーン」な食肉、つまり屠殺された動物に由来しない食肉に対する規制上の承認は世界初だとするニュースをロイターが報じています。

環境汚染と同様に、動物の健康や行き届いた環境に対する消費者の懸念から、伝統的な食肉に代わるものへの需要が高まっています。 また、スーパーマーケットの棚やレストランのメニューには野菜由来の加工肉が並ぶようになってきていますが、動物の筋肉細胞から実験室で培養した「クリーン」な肉は、生産コストが高いことを考えると、まだ初期の段階にあります。 また、スーパーマーケットの棚やレストランのメニューには野菜由来の加工肉が並ぶようになってきています。

詳細はこちら

引用元記事

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …