中国、キリスト教の蔓延との戦いを強化

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
素晴らしいです! 自身が教える教室で宗教を宣伝するイスラム教の教師に反対している人たちが、この政策に怒っているのでしょう。

 

中国はキリスト教の普及との戦いに乗り出しています。 新しい規制では、教室で宗教宣伝を無許可に実施することの禁止が強調され、新任の外国人教師には、20時間にわたる国の政治システムに関する研修を受けることが義務付けられています。

もうすぐ施行される新しい規制では、中国は外国人教師が許可なく信仰を広めるのを防ぐことで、キリスト教の広がりと戦う決意を示している、とサウスチャイナ・モーニングポスト紙は報じています。

政府は、活動禁止リストに掲載された新興宗教の「悪質なカルト的実践」を回避する意向です。 専門家は、このように当局が聖書とキリスト教の信仰について自由に議論する可能性を妨げていると指摘しています。

アメリカ人教師が解雇に
日刊紙は、重慶市でも有数の私立インターナショナル・スクールを解雇されたアメリカ人教師の出来事を指摘しています。 また、マーク・トウェインの自伝や神学者ディートリッヒ・ボンホーファー、CSルイスの著作など、図書館に寄贈していた200冊以上の英語の書籍も撤去しました。
このアメリカの福音派キリスト教牧師は、10年前に中国に渡り、独立したキリスト教教会の発展を強化し、教えることに専念するまでになりました。 近年は布教しないように気をつけていたようです。

新しい規則
新聞によると、外国人教師は無許可での布教を慎み、政府が禁止している新興宗教の婉曲表現である「悪しき宗派的慣行」を避けなければならない、と規定した新しい規則がまもなく施行されるはずだとのことです。

中国の主権を脅かしたり、刑法に違反したり、教育政策の実施を阻害すると判断されたものは、教師のビザの取り消しや入国拒否につながる可能性があります。

また、新任の外国人教師には、中国の発展、法律、職業倫理、教育方針を網羅した中国の政治システムに関する20時間の研修を受けることが義務付けられています。

海南省南部の公安部は、「許可なく宗教活動を行う」外国人の逮捕につながる告発に対して、最大10万元(1万2400ドル)の報奨金まで提供しています。 これには宗教教育、伝道、ネットワーク作りなどが含まれます。

https://fr.sputniknews.com/international/202009071044388895-la-chine-renforce-sa-lutte-contre-la-propagation-du-christianisme/?fbclid=IwAR0ZxGrjBh9mgzlEtPSJhAFr5NOMZdMKfcPrZBjgg0tCvFuJub_PNgxajZ4

真実はここに

Intelligent Design A Message from the Designers by Rael
.

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

It is only temporary

RAEL’S COMMENT: Thi …

France’s COVID 2020 mortality: official data shows “a year almost like any other year”

RAEL’S COMMENT: In …

言論弾圧・ロックダウン・崩壊

ラエル氏のコメント: それで、これは誰のせいなので …

当局がさらに厳しいロックダウン措置を検討している一方で、イタリアのレストランは抗議のために店を営業

ラエル氏のコメント: こういった抗議はどこでも行わ …