中国、世界が「小さなグループ」に支配されていた時代は終わったと語る

ラエル氏のコメント:
そうです!中国人の言う通りです!

北京は、G7諸国が世界情勢の軌道を描くことができるという考えを否定し、小さなクラブによる意思決定は真の多国間協調主義に取って代わられたと主張しています。

ワシントンは、英国南西部のコーンウォールで開催されたG7サミットを、いわゆる「ルールに基づいた国際システム」を強化する機会としていますが、これには中国も異議を唱えています。

在ロンドン中国大使館のスポークスマンは、コーンウォールの暴言を受けて、土曜日にこう述べました。「私たちはつねに、国の大小、強弱、貧富の差にかかわらず、国は対等であり、世界の問題はすべての国が協議して処理すべきだと考えています。世界的な決定が一部の国に左右されていた時代はとっくに終わっているのです」

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

West’s selective treatment of Ukrainian refugees

RAEL’S COMMENT:  Th …

Tennis icon claims booing ‘fuels’ Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …