中国、G7に「余計なお世話」と発言

ラエル氏のコメント:
(RTの記事からラエル氏が引用した箇所です)「7つのメンバー国は、他国の内政に介入するのではなく、自国の問題に集中すべきである」

北京は、徹底した制裁が行われる中で、ロシアへの支援を停止するよう求める同グループの要求を拒否しています。

中国は、欧米の大規模な制裁措置の中で、北京がロシアへの支援を停止するよう求められたことに対し、「問題自体の是非」に基づいて自らの立場と政策を決定するとした上で、加盟7カ国は他国の内政に介入するのではなく、自国の問題に集中すべきであると述べています。

アメリカ、ドイツ、イタリア、カナダ、イギリス、フランス、日本から成るG7の外相が土曜日に声明を出し、北京に対して、ロシアにウクライナでの戦争の停止を「断固として」求め、クレムリンへの経済・軍事支援を控えるよう求めたことを受けたものです。 またG7は中国に対し、「ウクライナの主権と独立を支持」し、「ロシアにウクライナへの軍事的侵略を止めるよう促す」ことを主張しています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。