中国の人口激減はその将来に大きな影響を与えるかもしれない

ラエル氏のコメント:
とても良いニュースです!

中国人は子供を作ることを拒否しています。 共産党から3人目を産む許可が下りたにもかかわらず、子作りを考える国民は少なくなっていることが統計では示されています。 このままでは、今世紀末には中国の人口が48%減少し、ナイジェリアさえも下回ることになる見込みです。 RTは専門家に相談し、なぜこのようなことが起こっているのか、また人手不足が、世界で最も人口の多い国の野心的な計画を妨げる可能性はないのかどうか調べてみました。

中国の出生率は、毛沢東の大躍進時代における大飢饉の時の水準を下回っています。 中国国家統計局のデータによると、2021年に生まれた中国人は1062万人に過ぎなかったということです。 14億人の人口を抱えるこの国の平均出生率は、1000人あたり7.52人であり、衝撃的な低さといってよいでしょう。

一方、中国の死亡率は出生率をわずかに下回る水準で推移しており、2021年には1,010万人に上っています。 つまり、中国の人口はまだ増え続けているのですが、ここ5年間の推移から、おのずから明らかな状況となっているのです。 例えば、2019年に中国の母親が出産した子どもは1,465万人でしたが、2020年には1,200万人でした。 おそらく、中華人民共和国の人口は、2022年にはすでに減少に転じることでしょう。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。