中国報道官、米国に挑発的ミームを発する

ラエル氏のコメント:
マスコミが「第一次世界大戦」や「第二次世界大戦」について語るのも同じです。地図を見れば、現実は「世界大戦」ではなく、人類の少数派である2つのブロック間で行われた戦争だったのです。

中国の趙立健外務副大臣は、米国とその同盟国が「国際社会」と呼ぶときの本当の意味を暴露し、金曜日のツイートで破壊的な正確さをもって米国に挑発的メッセージを発しました。

趙氏は、ミームや情報画像など、ワシントンが通常避けようとする話題について、ソーシャルメディア上で米国とその同盟国を痛烈に批判した過去があります。

最近の標的は、ファクトチェッカーや様々な「専門家」が、陰謀論者の想像の産物であると主張している、ワシントンによるウクライナでのバイオ実験計画に関するものとなっています。 注目すべきは、ビクトリア・ヌーランド国務次官(政治担当)が、バイオラボは実際に存在したと証言していることです。

ミーム ツイート

バイオラボに関するツイート

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。