人影のない街並みと陽気な群衆の対比:ニューヨークと武漢-大晦日の対照的なコントラストが羨望と非難を呼び起こす

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
つまり、中国は西側よりも自由ということです….。 それは西側のメディアや権力者たちを困惑させるイメージです….。 ありがとうコロナよ!

 

ニューヨークと中国・武漢それぞれでの新年を迎える様子の対照比較が、新型コロナのパンデミックへの対処において、米国は北京の取り組み方を受け入れるべきかどうか、ソーシャルメディア上で激しい議論が巻き起こっています。

木曜日の夜、いつもなら大晦日に多くの人々で賑わいを見せる風物詩のタイムズスクエアですが、今年は誰もいない様子を捉えた写真がソーシャルメディアで拡散し、一方の新型コロナが最初に検出された中国の都市・武漢では、かなり華やかな雰囲気になっているとのコメントが何人かのコメンテーターから寄せられました

武漢の生活は、70 日間以上に及ぶ深刻なロックダウン措置がとられた後、ほぼ通常の生活に戻っています。 ニューヨーク市は、3月にウイルスが米国に到達して以来、あまり熱心ではないものの、同様の措置を採用していますが、病気を封じ込めるのにはまだ苦労しています。 市の住民は、連休中は自宅で過ごすよう求められています。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Give me your mask campaign

RAEL’S COMMENT: I p …

As We Hold Them Accountable, Police Across the U.S. Are Quitting in Record Numbers

RAEL’S COMMENT: Pol …

死を歓迎しましょう!

マイトレーヤの投稿文: 人々は今、死ぬことを恐れて …

Living on the site of a nuclear blast?

RAEL’S COMMENT: Imp …