今、我々がアフガニスタンで目の当たりにしているのは、「サイゴン時」の歴史的な繰り返し

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
「アフガニスタンの人々は、ようやく自分たちの運命を決めることができるようになりました。次にネオコンが人道的なシナリオを振りかざして国家の主権を侵害するようなことがあれば、皆が立ち止まってよく考えるようになることを願います」

今、我々がアフガニスタンで目の当たりにしているのは、「サイゴン時」の歴史的な繰り返し しかし、アメリカの占領が最後の時を迎えつつある中、戦争終結の決定を非難するネオコンたちの不協和音が鳴り響いていました。

アメリカがアフガニスタンに留まるべき理由として、女性の権利、地域の安定、反テロリズムを挙げていました。 しかし、それらはそもそも2001年に戦争を始めたときに挙げられた理由そのものでした。 あと何十年、世界が「人道的な戦争」という物語の人質になることを彼らは期待しているのでしょうか? アメリカの最長の戦争が終わった今だからこそ、私たちは過去20年間を振り返り、誤った「人道的な」物語が、なぜ私たちをここまで導いてしまったのかを考えなければなりません。

最も深刻な人権侵害のいくつかは、戦争の初期に発生したものです。

最初の数ヶ月間、アメリカはアフガニスタンの村々に何千個もの黄色いクラスター爆弾を投下しました。 それは援助物資のパッケージに似たものでしたが、同じ黄色をしたものでした。 子供たちは食べ物だと思って急いで取りに行きましたが、その爆発物を拾って爆発させてしまい、死んでいったのです。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Faroe Islands reviewing traditional dolphin hunt following slaughter

RAEL’S COMMENT: The …

Japanese researchers 3D print lab-grown Kobe beef

RAEL’S COMMENT: Ver …

Amazing Walk on Christ the Redeemer

RAEL’S COMMENT: An …

「どうして何もしなかったのか?」 と人々は私達に尋ねる

ラエル氏のコメント: 前々から一部の人々は「黄色い …