仏ニースで禁止にもかかわらず2,500人近くが警察の暴力に反対して行進

ラエル氏のコメント:
ついに、そして幸いにも、フランスでは市民の不服従が至るところで広まっています!

 

数千人の人々がこの土曜日にニースに集まり、人種差別を糾弾し、警察の暴力にノーを唱えました。

私は叫ぶ、笑う、あなたのように泣く!”デモ隊の多くのスローガンの一つは、この土曜日の午後にプロムナード・デ・ザングレでエコーされました。 約2500人(警察によると1000人強)が人種差別や警察の暴力に対抗して 自発的に来た多くの若者、学生、デモ隊が冷静に行進しています。

「緊迫した雰囲気が漂っています」と現場ジャーナリストのアリアンヌ・マッセグリアは伝えています。 主催者の一部は、デモはきちんと認可されており、警察は介入しないと言っています。

デモ隊は、プロムナード・デ・ザングレのマグナンの十字路からスタートし、マセナ広場まで行進しました。 報道されるような暴力はありませんが、友愛のイメージが強く、この動画のようにデモ隊と警察の間で拳をぶつけ合っています。

 

https://france3-regions.francetvinfo.fr/provence-alpes-cote-d-azur/alpes-maritimes/nice/malgre-interdiction-manifestation-contre-violences-policieres-lieu-nice-1838282.html?fbclid=IwAR3Cx2zl7YzUb_Xh7sfcea247Rs7Aq6bkEu7Qxa1rxsn1G5DgxBzHTxKa1w#xtor=EPR-521-[france3regions]-20200607-[info-bouton7]&pid=726375-1437768320-c320f9c0

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。