仏モンペリエ:グランドトラヴァースのビーチで友人とロゼを飲んで405ユーロの罰金に

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
「トイレへ行くのにマスクを着用したとて、世界が終わるわけではない」と書いた人は、今は心底恥ずかしいと思っているでしょう…。

今週の日曜日、リュネルの憲兵たちは、ラ・グランド・モットのグラン・トラヴェール海岸で監視を行いました。 彼らの標語は「教育」です。 コロナ対策しか頭にはないのです。

ドーナツショップ、サングラス、水着…このイースターの日曜日には、エローのビーチで夏のような一日を過ごすためにすべてが揃っていました。 これは、土曜日の夜に施行された新しい監禁ルールを考慮するまでもなく、(自分の居住地から)半径10km以内しか歩けないというものです。

復活祭の週末は旅行に寛容であるにもかかわらず、憲兵は「ビーチでのマスク着用に関する教育的な目標」を掲げて取締りを強化したのです。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Japanese researchers 3D print lab-grown Kobe beef

RAEL’S COMMENT: Ver …

「どうして何もしなかったのか?」 と人々は私達に尋ねる

ラエル氏のコメント: 前々から一部の人々は「黄色い …

世界はコロナ狂になってしまった

ラエル氏のコメント: つまり、ウイルス性疾患にかか …

今、我々がアフガニスタンで目の当たりにしているのは、「サイゴン時」の歴史的な繰り返し

ラエル氏のコメント: 「アフガニスタンの人々は、よ …