仏リヨン:壮観な花火大会が市役所と当局を苛立たせる

ラエル氏のコメント:
反乱は、美を含むあらゆる手段を使ってその姿を表さなければなりません!

 

伝統的に行われてきた「光の祭典」が、今年はロックダウンのため中止になっていましたが、12月8日の午後9時、未申告の花火が数々と打ち上げられ、リヨン半島全体を明るく照らしだしました。 県と市役所は、主催者たちを提訴すると発表しています。

今年の12月8日は、リヨンの人々にとって非常に暗い一日となりました。 しかし、午後9時の鐘の音が鳴り響いた時、その夜に予想外の展開が待ち受けていました。 なんと突然に、歴史的な中心地である半島全体に火が灯されたかのような壮観な花火大会が始まり、窓から外の景色に目をやる市民たちはそれを目撃して驚くことに!

その時の様子を捉えたアマチュアカメラマンの撮影ビデオが、ソーシャルネットワーク上で増殖しています。 最後の花火はフルヴィエールの丘から打ち上げられ、ブーケが描かれていました。 厚かましくもパーティー を奪い取ろうとしたこのウィルスを、街がリベンジするかのようです。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …