何であれ自身の望む姿でいましょう

ラエル氏のコメント:
素晴らしいです! 他の人がどう思おうと、自分の望むようにしてください!

画像内のコメント「彼は彼女で、彼女は彼…彼は、今は彼である彼女との間に子供をもうけた。妊娠できるのは男性ではなく女性のみなのだし、彼は実際は女性ということ」

トランスジェンダーが歴史の中で存在していたことを証明する証拠があるにもかかわらず、自身が何者であるのかという事を安心してオープンにできるような権利や自由をゆっくりと得てきたのは、ごく最近のことです。 社会が包括性と受容に向けて突き進む中、私たちは、性にもとづく多くの概念に関する認識を広げるよう常に迫られています。 とりわけ、「男の子」か「女の子」と何事においても二者択一を図る私たちの考えが崩壊しつつあります。 着用する服の色や遊ぶおもちゃについて、狭い視野で是非を決めるという単純な例がある一方で、私たちは、個人の表現することや自由を抑圧しようするのを止める社会に向けて推し進めながら、より大きな対話の展開を行ってきました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …