何事も決して放っておいてはいけません!

ラエル氏のコメント:
何事も決して放っておいてはいけません! このことは、ラエリズムに対するあらゆる侮辱にも当てはまります。

 

ラジオ番組『Sud Radio』が10月放送分の抜粋版を放送しましたが、その中であるリスナーが、アフリカに関する人種差別的な常套句で彼女を批判している箇所も含まれており、その蒸し返しに対する猛烈な抗議を受け、ロカヤ・ディアロ氏は告訴する旨、局内で発表しました。

Sud Radioで10月、一人のリスナーがロカヤ・ディアロ氏を標的にした人種差別的なコメントを発したことで激しい論争が巻き起こったことを受け、 ジャーナリストで活動家の彼女は同チャンネルで苦情を申し立てることを発表したものです。

「私は、この女性の人種差別の度合いと、彼女が自身を発見したときの平然さに唖然としました。撮影現場で私は、(その時に笑っていた他のコラムニストである)フィリップ・ビガー卿が、冗談を織り交ぜながら彼女を励ましているのを見ましたが、彼は、私の市民権が完全に条件付きであることを示唆するような方法で私に上から物を言う人を見て面白がっていました」と強調して糾弾しました。 10月22日、フランスのカルカッソンヌに住み、バルバラと名乗るリスナーは、ロカヤ・ディアロ氏は、自身の卒業証書とその悪評によってフランスの「教育と開放性」に借りをつくったとし、Sud Radioの生放送を批判しました。

「彼女はアフリカでフランスなしではおれなくなるだろう。体重はさらに30kg増え、15人の子供を抱え、地面に生えるキビを盗み、他に4人いる妻との間で、旦那が自分の番に回ってくるのを待っているのだ」とこのリスナーが語ったことを詳細に説明しています。

続きを読む

原文はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

West’s selective treatment of Ukrainian refugees

RAEL’S COMMENT:  Th …

Tennis icon claims booing ‘fuels’ Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …