元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント:
ヨーロッパはいつでもアフリカから略奪する準備ができているのです…。

パリのルーヴル美術館の前館長であるジャン・リュック・マルティネス氏が、マネーロンダリングと「組織的なギャング詐欺」への加担で起訴されました。この事件は、2010年代初頭の騒乱時にエジプトから持ち出された考古品の密売に関与していたというものです。

AFP通信によると、マルティネス氏は、ルーヴル美術館のアブダビ分館にある5つの「犯罪的に入手された」作品の偽造原産地証明書について見て見ぬふりをしていた、と関係者はみている模様です。 不正の疑いがもたれる複数の美術専門家も関与しているとされています。

The Art Newspaper誌によると、2013年から2021年までルーヴル美術館のトップを務めたマルティネス氏は、美術館のエジプト部門の責任者であるヴァンサン・ロンド氏、著名なエジプト学者オリヴィエ・ペルド氏とともに、今週初めに拘束されました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。

公共サービス広告:もしあなたが、「神が妊娠を望んだのだから」レイプ被害者は赤ん坊を産まなければならないと信じているなら、私に近づくんじゃないよ。

ラエル氏のコメント: この馬鹿げた論理に従えば、レ …