元米国上院議員、米国は「無から誕生した」と宣言して非難される

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
植民地化される前には、アメリカの文化はなかったという事実を認めることになります…。 そうです、最初の入植者は「クズ同然」だったのです…。

CNNの寄稿者で元上院議員のリック・サントラム氏は、アメリカはヨーロッパからの入植者によって 「ゼロから」作られたと宣言し、「アメリカ文化の中にネイティブ・アメリカンの文化はあまりない」と発言したことで、人種差別として非難されています。

アメリカ青年財団という組織が主催した「Standing Up For Faith & Freedom」会議でサントラム氏が講演した際のビデオが月曜日に公開されたもので、批評家たちは元上院議員の講演の特定の部分に注目しました。

「私たちは何もないところから国を作りました。つまり、ここには何もなかったのです」とするサントラム氏はさらに、「しかし、率直に言って、アメリカ文化の中にネイティブアメリカンの文化はあまりありません」と語っています。

サントラム氏の言葉の定義について

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Hospital Activity Analysis 2020

RAEL’S COMMENT:  Th …

In Vietnam, somebody grafted an orchid onto a tree.

RAEL’S COMMENT:  It …

AI tool predicts top animals likely to spread Covid

RAEL’S COMMENT:  So …

Covid jab compensation claims soar in Australia

RAEL’S COMMENT:  Ye …