再び監禁状態に突入の場合は服従しないよう呼びかけ

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
この番組の司会をしている「ジャーナリスト」が、これはテレビ局の公式見解ではない、と即座に正当化していることに注意してください。彼の中には仕事を失うことの恐怖が感じられます。しかしいつか、この最悪の事態に対する責任を負う者として、政府関係者の刑事訴追を伴う新たなニュルンベルク裁判が公正に行われるならば、この時と同様に政府を擁護した「ジャーナリストたち」も起訴されなければならないでしょう。ニュルンベルク裁判が行われる中で、ある「ジャーナリスト」も死刑判決を受けたことを忘れないでください…。

元の動画はフランス語ですが、Youtubeでは自動生成される字幕付きの動画があります(削除されない限り)。リンクは以下にあります。

要約:

フランスのテレビ番組で大きな戸惑いが。フランスの作家、映画監督であるヤン・モワックス氏は、「コロナに感染していない人は皆んな、病気がなくなるまで待機するように言われています」とし、再び監禁が実施される場合には服従しないよう呼びかけを行いました。

ヤン・モワックス氏:「ロックダウンによる被害者の数は、コロナによるその数を上回る境界値にまで達してしまっています。 つまり、現代人はウイルスで死ぬのではなく、ウイルスの副次的な影響で死んでいっています。つまり、家に閉じこもり、友達に会えず、文化的・知性的な、そして社会的な窒息状態に置かれているということです。 私たちは一日中言われています、次に被害を受けるのが誰なのかは分からないと。誰もが治療を求めていますが、唯一コロナに感染した者だけが治療を受けています。 なぜなら、コロナに感染していない人は、病気が消えるまで全員待っていてくださいと言われているからですが、病院はと言うと、コロナは危険なものではないので誰も寄りつかない状況です。窒息しているのは病院の方であって、それは全く違うんだよ、エリック。 15歳以下の子供たちが自殺している例もあります。 私はすべての学生たちに、世界的な監禁に反旗を翻すよう呼びかけます」

ニュルンベルク

『第二次世界大戦においてドイツによって行われた戦争犯罪を裁く国際軍事裁判である。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の党大会開催地であるニュルンベルクで開かれた。日本の極東国際軍事裁判(東京裁判)と並ぶ二大国際軍事裁判の一つ。最初の主な裁判と、それに続く、ニュルンベルクを占領統治していたアメリカ合衆国による12の裁判で構成された』~ウィキペディアより

View video with auto-generated subtiles

Video on VK (in case deleted from Youtube) no subtitles available

元記事はこちら

you might also like

批判されることなく自分らしさを貫く

ラエル氏のコメント: この人のようになることを選ぼ …

小さなウイルスが人類に謙虚さを教える

ラエル氏のコメント: ほんの小さなウイルスひとつか …

コロナに関する誤解

ラエル氏のコメント: 誤った情報にもとづく警告を発 …

群れの中のライオンになる 『世の中で一番怖いのは、他人の意見ですが、群衆を恐れなくなった瞬間、あなたはもはや羊ではなく、ライオンになるのです。あなたの心の中に、大きな声が響きます。自由の雄叫びが』~Osho

ラエル氏のコメント: とりわけ、マスクをつけない唯 …