列に並べた椅子の上を歩いて洪水を回避するパリ市民(1910年)

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
当時はだれも地球温暖化などとは言っていませんでした…。

1910年1月下旬、数ヶ月にわたって大雨が降り続き、セーヌ川がパリに氾濫。下水道や地下鉄のトンネルからあふれた水が上昇し、水分を十分に含んだ土壌から地下室へと浸水していきました。

その水は、市内の川岸を越えず、トンネルや下水道、排水溝を通ってパリに溢れたのです。 首都の東西にある近隣の町では、川が堤防を越えて周辺の地域に直接浸水しました。

パリでは、冬の洪水は日常茶飯事でしたが、1月21日、川の水位が通常よりも急激に上昇し始めました。 その後の1週間で、数千人のパリ市民が自宅から避難し、街中の建物や道路に水が浸入して、パリの基本的なインフラの多くが停止しました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Earth’s core cooling faster than expected

RAEL’S COMMENT:  So …

Maitreya Rael awarded the title of Honorary Guide of Humanity to Novak Djokovic

RAEL’S COMMENT:  I …

Unvaccinated to face special tax in Quebec, Canada

RAEL’S COMMENT:  &# …

コロナ混乱後の映画館&劇場の閉鎖に関して裁判所が判断を下す

ラエル氏のコメント: ようやく、いくつかの真の民主 …