列に並べた椅子の上を歩いて洪水を回避するパリ市民(1910年)

ラエル氏のコメント:
当時はだれも地球温暖化などとは言っていませんでした…。

1910年1月下旬、数ヶ月にわたって大雨が降り続き、セーヌ川がパリに氾濫。下水道や地下鉄のトンネルからあふれた水が上昇し、水分を十分に含んだ土壌から地下室へと浸水していきました。

その水は、市内の川岸を越えず、トンネルや下水道、排水溝を通ってパリに溢れたのです。 首都の東西にある近隣の町では、川が堤防を越えて周辺の地域に直接浸水しました。

パリでは、冬の洪水は日常茶飯事でしたが、1月21日、川の水位が通常よりも急激に上昇し始めました。 その後の1週間で、数千人のパリ市民が自宅から避難し、街中の建物や道路に水が浸入して、パリの基本的なインフラの多くが停止しました。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。