勇敢さと抵抗の象徴であるパレスチナの最年少の人々

ラエル氏のコメント:
22年前の今日、ガザ地区出身の15歳のパレスチナ人少年ファレス・オデさんは、石を拾ってイスラエル軍戦車に投げつけた後、イスラエル占領軍によって首を撃たれて死亡しました。
数十年経った今でも、オデさんはパレスチナの勇気や抵抗を示す最も若い象徴人物の一人とみなされています。

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

Health is more important

RAEL’S COMMENT: Bet …

The Woman King

ラエル氏のコメント: ダホメ王国の女性戦士たちが、 …

命令に背いて少年を助けるドイツ兵

ラエル氏のコメント: 命令が愛に反しているときは、 …

「ブラック・ビッチ」を店名に掲げるパブが改名へ

ラエル氏のコメント: 政治的に正しい人たちが言葉の …