勇敢それともCovidiocy [コロナバカ]? カンタス航空が新型コロナワクチンの強制接種を打ち出したことに対し、英国の旅行会社がボイコットを表明

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
Covidiocy…素晴らしい言葉です。

 

英国に拠点を置く旅行会社は、すべての国際線乗客にコロナのワクチン接種を要求するというカンタス航空の決定を受け、取引をやめると発表。ソーシャルメディアを二極化させた。

独立系旅行会社のTradewinds Travel社は、コロナウイルスに対する予防接種の証明を海外旅行者に要求することを検討している、とするオーストラリアの航空会社CEOの発言を引用し、旅行者がカンタス航空便を予約したければ、他のところに行かなければならないとして、自社ウェブサイトに説明文を掲載した。

私たちは、医療介入に関する身体的インテグリティは個人の選択であり、企業によって人々に強制されるものではないと感じています。 私たちは予防接種反対派ではなく、選択権賛成派です。 強制と自由な選択には大きな違いがあります。

原文はこちら

真実はここに

Intelligent Design A Message from the Designers by Rael
.

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

It is only temporary

RAEL’S COMMENT: Thi …

France’s COVID 2020 mortality: official data shows “a year almost like any other year”

RAEL’S COMMENT: In …

Checkmate

RAEL’S COMMENT: It& …

言論弾圧・ロックダウン・崩壊

ラエル氏のコメント: それで、これは誰のせいなので …