勇敢それともCovidiocy [コロナバカ]? カンタス航空が新型コロナワクチンの強制接種を打ち出したことに対し、英国の旅行会社がボイコットを表明

ラエル氏のコメント:
Covidiocy…素晴らしい言葉です。

 

英国に拠点を置く旅行会社は、すべての国際線乗客にコロナのワクチン接種を要求するというカンタス航空の決定を受け、取引をやめると発表。ソーシャルメディアを二極化させた。

独立系旅行会社のTradewinds Travel社は、コロナウイルスに対する予防接種の証明を海外旅行者に要求することを検討している、とするオーストラリアの航空会社CEOの発言を引用し、旅行者がカンタス航空便を予約したければ、他のところに行かなければならないとして、自社ウェブサイトに説明文を掲載した。

私たちは、医療介入に関する身体的インテグリティは個人の選択であり、企業によって人々に強制されるものではないと感じています。 私たちは予防接種反対派ではなく、選択権賛成派です。 強制と自由な選択には大きな違いがあります。

原文はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

欧米のウクライナ難民に対する選別的な対応

ラエル氏のコメント: それを表現する言葉はただ一つ …

ジョコビッチにブーイングを浴びせかけるのは彼を煽るだけだとテニス界の英雄は語る

ラエル氏のコメント: 私も彼と同じでしょう!

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …