北京でコロナに反抗する者たちが憂さを晴らす

ラエル氏のコメント:
自由への欲求は、自由を破壊する政府の力をつねに上回ります。

運河を泳ぐ幼児、ソーシャルディスタンスを気にせず麻雀に興じる人々、ビールを飲むために身を隠す若者たち…北京の人々は、ゼロコロナ政策の悪癖に立ち向かっています…。

この中国の首都では、厳しいゼロコロナ政策をとる同国としては高い数字が示されており、5月初めから1,600人を超える感染者が発生して慌ただしい日々が続いています。

人口2,200万人の同市では、公式には死者は出ていませんが、学校、レストラン、必要不可欠でない事業、いくつかの公園は閉鎖されています。

続きを読む

元記事はこちら

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。