北朝鮮と迅速に和平を実現するには:リンジー・グラハム氏をソウルに移住させるのが良い

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
誰も自分たちの国土の上で死なない限り、何百万人もの人々が外国の戦争で死んでも気にしない、まさにアメリカの臆病さを示すものです。 核兵器のおかげで、核戦争になればアメリカでも人が死ぬということに、彼らは突然気がつきます。 そしてそれは、超大国から始まるすべての核兵器の破壊という、唯一の解決策を全人類にもたらすことになります。 逆説的に見えますが、核拡散は平和のための道具なのです。 「全人類の生存よりも、一人の人間の命の方がより重要です」

 

リンジー・グラハム上院議員は、米国は平壌との「軍事衝突に近づいている」と述べ、国防総省当局者たちは、自分たちの家族を韓国に送るのをやめるべきだ、と付け加えました。 しかし、平壌からの最近のミサイル発射を受け、彼らはアメリカで少しでも安全でいられるのでしょうか?

深く憂慮すべき事案に関する週末のインタビューでリンジー・グラハム共和党上院議員は、北朝鮮に対する米軍の先制軍事行動の「可能性が高まっている」と述べました。

「我々は軍事衝突に近づいている。なぜなら北朝鮮は、ICBMの先端部に核兵器を搭載させる、技術の融合へ向けた動きをとっており、アメリカに到達するミサイルというだけでなく、武器をも到達させることができるものになっているからだ。トランプ政権の方針は、核弾頭ミサイルでアメリカを攻撃する北朝鮮の能力を拒むことにある。 封じ込めるのではなく」

「時間がなくなってきた」

朝鮮半島での米軍の挑発的な動きに何年も言及してこなかったグラハム氏は、軍関係者に奇妙なアドバイスをしていました。それは確かに、地域の地政学的な温度自動調節機能を高めるでしょう。

「北朝鮮の挑発を考えれば、配偶者や子供を韓国に送るのは異常だ」と、上院軍事委員会のグラハム委員は続けました。 「だから彼ら[the Pentagon]には、扶養家族を送るのはやめてほしいし、今こそアメリカの扶養家族を韓国から立ち退かせる時期だと思う」

問題は、最悪の事態になった場合、その予防策は何か違いをもたらすのかということです。

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、月曜日にブリュッセルで開かれたNATO外相会議の中で、北朝鮮の「先週発射された弾道ミサイルは、我々すべての国々がこの危険にさらされる可能性があることを示した」と警告しています。

それでもゲームは続きます。

今週、軍事演習の幻想的な小康状態の後、米国と韓国は6機のF-22ラプター戦闘機と6機のF-35Aステルスジェットを特徴とする「前例のない」空軍演習を開催します。 総勢1万2000人、230機以上の軍用機が参加を予定しています。

平壌は戦争ゲームについての発表に反応し、米国は「核戦争を懇願している」と述べています。

一方、北朝鮮は、米国の侵略から自身たちを守るための防衛手段を持っていない、イラク、リビア、そしてなんとかかろうじて政権交代の危機を免れたシリアなど、神に選ばれた国に何が起こるのかに気づいていないわけではありません。 彼らは、自分たちが調達できる最強の武器を手に入れるために努力しています。 男性が槍と盾で戦争をして以来、この種の生存主義的思考は軍事戦略を定義してきました。

北朝鮮は2017年9月3日、熱核装置(水爆)を実験したと発表し、「超強力なEMP[electromagnetic pulse]攻撃のために高高度で爆発させることができる」と付け加えています。

https://www.rt.com/op-ed/411902-north-korea-military-war-trump/

創造者からのメッセージ

1973年のラエルのUFOの出会いの間に私たちのクリエイターによって私たちに与えられたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

Twitter removes mask guidance from White House Covid-19 adviser, claiming it violated policies on ‘misleading information’

RAEL’S COMMENT: The …

それはただ…

ラエル氏のコメント: 「どのみち、世界の終わりでは …

おい、マヌ…夜9時から朝6時まで何か予定でもあるのか…!!!

ラエル氏のコメント: 私が思うにマクロンは、「自由 …

COVID-19によって人は亡くなっていない

『人はCOVID-19で亡くなっているのではない。 …