厳戒態勢:レストランでの「料金支払い時における個人情報の提供」がプライバシーを尊重しているかどうかを知る方法

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
レストランのオーナーは、いかなる状況でもその人の身元を確認することは許されていないことから、架空の名前と住所を与えるのがベターです。

モンペリエでは、厳戒態勢にあるすべての地域と同様に、顧客が感染している場合を想定して、レストランが顧客の詳細情報を登録・保持することを条件に、営業の継続が許されています。 プライバシーの観点から、どうなのでしょうか?

最大警戒区域内での営業を希望するレストランのために用意された新しい健康プロトコルでは、顧客の誰かが感染していた場合に通知することができるよう、顧客の連絡先の詳細(名前、電話、電子メールアドレス)を登録しておくことが要求されています。

フォームと内容について
これらのデータの一部が、商業目的で悪用される事例が発生していますが、フランス共和国データ保護機関(CNIL)は、iを指摘しています。

これらの「覚え書き」は、とにかく保管してはいけませんし、いくつかの本質的なルールさえも尊重しなければなりません。 注意事項として、個人データの処理には規制(RGPDおよびデータ保護法)が適用されます。

形式としては、紙のノート、オンラインフォーム、QRコードをスキャンして表示するなどの方法があります。

有用なデータと限定的な保存
事業所は、顧客の呼び戻しに役立つデータ、つまり名前と電話番号のみを収集する必要があります。 そしてそれが全て! いかなる状況においても、レストランは本人の身元確認を行うことはできません。 ただし、データは14日間保持され、それ以上は保持されないことを顧客に通知する必要があります。 最後に、各顧客はもちろん自身が残したデータに関するアクセスと修正の権利を持っています。

商用利用は完全禁止
この情報は、連絡先の検索を容易にするためにのみ使用され、商用利用や転売などの目的で使用することは固く禁じられています。 必要に応じて、保健当局のみがこれらのデータにアクセスできるようになります。

CNILは、必要な情報をすべて備えた文書モデルの例をオンラインで公開していますので、ご注意ください。 最大警戒区域外の事業所は、そのような記録を保持する必要はありません。

https://www.midilibre.fr/2020/10/12/alerte-maximale-comment-savoir-si-les-cahiers-de-rappel-au-restaurant-respectent-votre-vie-privee-9134177.php?fbclid=IwAR21rYArQWzMALyDNSbBzogNp71kcal_ZtQv8Z6-ao02votvisQkvY0c4Iw

創造者からのメッセージ

1973年のラエルのUFOの出会いの間に私たちのクリエイターによって私たちに与えられたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like