命令を無視した東ドイツ軍兵士

ラエル氏のコメント:
命令に従わない人がいるのは良いことです…。

これは、ベルリンの壁が建設された日に、東ドイツの兵士が少年を助けて壁を越えさせる様子を撮影したものです。 人々が逃げ惑い、捕らえられる家族がいる混乱の中で、一人の少年が対国側に置き去りにされました。 兵士は若く、肩越しに警戒している目は恐怖に満ちています。 それでも彼は粘りました。

東ドイツ政府から「東ベルリンには誰も通すな」と命令されていたにもかかわらず、兵士は少年が鉄条網をくぐり抜けるのを手伝ったのです。 この慈悲深い行為をしているところを兵士は上官に見つかってしまい、上官はその兵士を除隊させてしまった、とのことです。 彼の罰が軽いものであり、投獄されたり銃殺されたりしなかったことを願うばかりです。 この写真の説明には、「彼がどうなったかは誰にもわからない」という注意書きがあります。

しかし、なぜこの少年は、両親とは反対側の壁に囲まれることになったのでしょうか? ベルリンのチェックポイント・チャーリー博物館によると、少年の両親のうち父親は、親戚を訪ねて少年と一緒に西ドイツにいましたが、残りの家族は東側の自宅にいたそうです。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

Putin calls Russia ‘true land of the rising Sun’

RAEL’S COMMENT:  Th …

The first permanent Raelian Meditation Center in the world

RAEL’S COMMENT: Thi …

世界的に高まる市民暴動のリスク

ラエル氏のコメント: とても良いニュースです! 世 …

ラエル氏がトルコのマドンナを支持

ラエル氏のコメント: トルコのマドンナと呼ばれてい …