子供たちに全裸の大人を見せるデンマークのTV番組に、眉をひそめるアメリカ

ラエル氏のコメント:
素晴らしい!

 

保守派は長い間、リベラルメディアが子供を性的に扱っていると非難してきたが、デンマークのテレビ番組が、全裸の大人たちを子供たちに見せることで話題を呼んでいる、とニューヨーク・タイムズ紙が特集を組み、多くのコメンテーターが憤慨している。

この「Ultra Strips Down」という番組は、デンマークの子供向けのもので、11歳から13歳の観客が大人の裸を観察し、「不完全な」裸体について質問できる形式をとっている。 番組のプロデューサーは、ボディ・シェイミング[他人の体形をけなす行為]と戦い、ボディ・ポジティブ[他人の体形を称賛する行為]を奨励することを意図しているという。

昨年から放送されており、デンマークのテレビ・フェスティバルでは2019年のベスト・キッズ・プログラム賞を受賞している。 番組ではその当時、手術後のトランスジェンダー・モデルや、小人症の人物、頭に角を手術で埋め込んだ男性などが登場している。

しかし、ニューヨーク・タイムズ紙が金曜日に特集を組んだ後、このシリーズはアメリカでも驚きの対象となっている。 作品は大部分が肯定的で、子供たちが自分の身体に自信を持つことができるようになる、と番組について説明している。 「最初の頃、ショーのこのアイデアにギョッとしていたという」とする記事では、 「しかし、彼らは役に立つことを学んだ」と述べている。

アメリカのコメンテーターの多くが、そう見ていたわけではない。 「私は自分の子供たちから解放運動を遠ざける必要があると考え始めている」とジャーナリストのノア・ポラックを引用している。 保守派の評論家ベン・シャピロ氏は、「児童虐待が目覚めた 」とコメントしている。

欧米では長い間、性風俗文化の違いがあり、デンマークでは家族でヌードビーチに出かけるのが普通とされ、ドイツでは一般的に裸でいることは良しとして受け入れられている。 しかし、多くのアメリカ人は、この状況を変えようとするリベラルメディアの努力にはあまり反応していない。 最近の記事では、オンライン上で児童を狙う者たちを擁護する記事が「小児性愛を擁護している」と非難され、2014年には小児性愛者を「犯罪ではなく障害」と表現した記事が、コメンテーターを激怒させている。

この番組「Ultra Strips Down」は、親の同意を得て撮影されたノンセクシャルなショーと説明されており、未成年の観客は不快に感じたらいつでも退場することができる。 そして、批判が雪崩を打ったにもかかわらず、一部のコメンテーターは、タイムズ紙が海外の動向をアメリカに示したことを称賛した。

この番組は、デンマークでもいくつかの批判を受けており、右翼政治家のピーター・スカラップは今月、国のBTタブロイド紙に対し、「子供たちがペニスや膣から始めるには早すぎる」とし、「子供たちを堕落させるものであり、その年齢ですでに多くのことを頭の中に駆け巡らせることになる」と語っている。

米国で「Ultra Strips Down」をめぐる論争が起きたのは、10代の少女たちがセクシーで挑発的なダンスシーンに登場し、下着まで剥ぎ取る姿を描いたフランスの映画「Cuties」が、Netflixでプレミア上映された数週間後のことだった。 共和党議員が児童搾取疑惑でNetflixの調査を要求したように、ネット上の怒りはほぼ万国共通のものだった。

https://www.rt.com/usa/501089-nyt-naked-tv-denmark-children/?fbclid=IwAR1o5IC4r2DxJxYEF2nilM65QPA7uGFgNzErzuEiHJLMQ4wq3Db6DvXtiAo

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

脳に自己修復の可能性が

ラエル氏のコメント: 規制や認可で長い時間が失われ …

元ルーヴル美術館館長が刑事告訴される

ラエル氏のコメント: ヨーロッパはいつでもアフリカ …

インド、性風俗を非犯罪化

ラエル氏のコメント: 素晴らしい!

がん患者が福島原発の経営陣に損害賠償を求める

ラエル氏のコメント: それは序章に過ぎません…。