宗教に共感するアメリカ人が以前より減少

Photo credit: Luis Alvarez
ラエル氏のコメント:
朗報です!

米国では、教会への出席率と神への信仰が歴史的な低水準にあることが調査で明らかになりました。

最近の世論調査によると、教会に通うアメリカ人が以前より少なくなっているようです。 水曜日に複数の米国メディアが報じた調査の結果によると、パンデミックによる閉塞感と世代交代が重なり、かつては強固なキリスト教国であった米国が、組織的宗教との関係を疑問視しているということが明らかにされました。

今年初めに行われたギャラップ社の世論調査では、アメリカ人の5人に4人以上(81%)が神を信じていることが分かりました。 これはまだかなりの多数派ではありますが、1944年に世論調査会社がこの質問を始めた当時の98%から比べると、信奉しているアメリカ人の割合は最も低いものとなっています。

ギャラップ社によれば、同様に、教会、モスク、シナゴーグに所属するアメリカ人の数は過去最低となっており、昨年初めて人口の少数派(47%)を構成するようになったと伝えています。 このグループは、コヴィッド19の大流行以前から、カトリックや福音主義キリスト教徒に匹敵する規模を誇ってきましたが、今後も減少は続くだろうと世論調査会社は示唆しています。

続きを読む

元記事はこちら

真実を手にしよう

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇した際、私たちに伝えるようにと彼らが託したメッセージがここに!

その他のイベント

フォローする

Rael Academy

you might also like

コロナ警戒情報

ラエル氏のコメント: そして、80億人以上の人々も …

旧植民地がフランス軍に退去を命令

ラエル氏のコメント: 朗報!

ジョン・ケリー氏がダボス会議で「宇宙人」に言及したスピーチを行って論議を呼ぶ

ラエル氏のコメント: 億万長者のイーロン・マスク氏 …

中国が驚くべき人口数を明らかに

ラエル氏のコメント: 朗報です!