嵐による雪やヒョウによりアメリカ西部が記録的な厳寒に

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
そしてマスクをしている同じ人たちが、いまだに「地球温暖化」を信じています…。

 

パンデミックによって多くの人々の時間認識が歪められていますが、アメリカ人の中には、今週のカレンダーを入念にチェックしたことを言い訳にしている人もいます。 今年は母なる自然も時期を忘れてしまったようです。 ロッキー山脈と米国中央部の州に住む多くの人々にとっては、10月の終わりにもかかわらず、モンタナからニューメキシコまでの州を覆う記録的な大雪で、あたかも1月下旬のような天候になっています。

天気予報会社の AccuWeathe社に勤めるシニア気象学者のビル・デーガー氏によると、降り積もった雪は、強力な嵐とジェット気流が組み合わさった結果によるものということです。

デーガー氏によると、10月の降雪はほとんどの地域でよく見かけられるものですが、西部を横切って突進してきた嵐の大きさは「じつに印象的」なものだったということです。

ワシントン州からニューメキシコ州にかけての降雪量は、嵐の影響で13~64cmになっています。 いくつかの都市では、この嵐の影響により、月間の降雪記録としては常軌を逸した数字に押し上げられており、いくつかの記録更新につながっています。

アメリカ国立気象局(モンタナ州グレートフォールズ)によると、同市では1925年に47cmの積雪が記録されていますが、今回はわずか9日間で71cmn近く積もっており、10月の積雪量としては記録を更新したということです。

https://www.accuweather.com/en/winter-weather/bitter-cold-obliterates-records-in-western-us-as-storm-dumps-snow-ice/837913?fbclid=IwAR0Yymp8MJYEtOjakHKfYO5wPPkkmo1PHqbQEfu-testHcKzhmVSP-NBRWY

真実はここに!

ラエル氏が1973年にUFOと遭遇してもたらされたメッセージをお読みください!

その他のイベント

フォローする

ラエル アカデミー

you might also like

コロナ混乱後の映画館&劇場の閉鎖に関して裁判所が判断を下す

ラエル氏のコメント: ようやく、いくつかの真の民主 …

ロシアの薬がデルタ株とオミクロン株の両方に有効であることを科学者が証明

ラエル氏のコメント: 法律は非常に明確で、どんな病 …

米国:警察がバーガーキングで反ワクチンのデモ隊を逮捕

ラエル氏のコメント: ようやく人々が目を覚まし、「 …

意図的にコロナにかかった場合「5年間刑務所に入る可能性が」

ラエル氏のコメント: 素晴らしいアイディアです!