州議会議員がアラスカ航空の「独占」を「見直すべき」と発言/マスクをしないと出入り禁止になり、フェリーに乗らざるを得ない状況

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email
ラエル氏のコメント:
再び違法な行為が行われています。人々にマスクの着用を強制する権利は、企業にはありません。

アラスカ州上院議員のローラ・ラインボルド氏は、マスクの着用を拒否したためにアラスカ航空から搭乗を禁止され、州都ジュノーまでフェリーと道路を使った大移動を余儀なくされました。
アラスカ航空は土曜日、Covid-19パンデミック・マスクポリシーの遵守を拒否したため、ラインボルド氏を出入り禁止にしたことを発表。

「ローラ・ラインボルド上院議員には、現在のマスク規定に関する従業員の指示に従わないことを理由に、当社でのフライトを許可しないことを通知しました」と同社の広報担当者は述べ、米国の法律では、「フライト中、搭乗中、降機中を含め、旅行中は常に鼻と口にマスクを着用することが義務付けられている」と指摘しています。

この禁止令を受け、マスク着用義務をたびたび批判してきたラインボルド氏は、代わりにフェリーと道路を使ってジュノーに行くことを余儀なくされたことを日曜日に明かしました。

続きを読む

元記事はこちら

you might also like

Welcome death!

Text by Maitreya : People …

Meet Madam Jeanne Louise Calment

RAEL’S COMMENT: A r …

バイデン氏、予防接種後のマスク着用を擁護

ラエル氏のコメント: 米国大統領が「世界に向けてメ …

死の危険性があっても生きることの方がいい

ラエル氏のコメント: ようやく人々は、死を避けて生 …